T’S FACTORY
好きなモノや、日々の出来事をのんびりと
プロフィール

tomototti

Author:tomototti
・北海道在住
・子ども3人
・ふら姉とも呼ばれています



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月だぁ~
気付けばもう10月……orz

はい、いつもの決まり文句
長らくの放置でした~~~!
(もう開き直り以外の何モノでもない・苦笑)


8月・9月と、みごとにふっ飛ばしました~。
この2ヶ月、あまりに過ぎるのが早く感じて、
気持ち的には、2~3週間くらいの感じであります…
(それにしたって、放置だろう?…と自分で突っ込む)


7月初旬に、婦人科の薬が替わり、
8月に入ってその副作用が出てきたらしく…
このあたりの経緯は、そのうち別記事に…とは思ってるのですが
予定は未定?

とにかく、どうにもやる気が出てこなくて…何もかもが中途半端
忙しいことは忙しかったのだけど、
なんとなくぼんやり過ごしてしまったような気もする…



さて、今晩から、「水曜どうでしょう」の新作が放送されます~
(今日から放送されるのは、道内だけなのかな?)

9月初旬には「水曜どうでしょう」の「どうでしょう祭り」があったのだが、
こちらのチケットは取れず…残念

一応、私は、大泉さんやミスターの所属する(ミスターが社長なのだが)
「オフィスキュー」のファンクラブにも入っている
だけど、ファンクラブでの先行発売というのはなかった
それで、チケット発売当日の販売開始時間、ローソンのロッピーの前に、
次男のお嫁さんのMaさんと2人で行った(笑)
すでに、端末の前で陣取る男性
私たちの後ろにも、数人の方々

どうにも端末からサイトに繋がらず、先にいた男性は
「仕事の時間だから…」と途中で断念
次は私たちの番…が、しかし、やはり繋がらない
Maさんや他の方々も、携帯から電話販売の方にアクセスしていたのだけど、
こちらもなかなか繋がらない様子
端末がやっと繋がった時にはすべて完売しておりました(苦笑)
その間、わずか15分程度…

「完売だぁ~」と隣のMaさんに言うと、後ろの方々も一様に
「ああ~~~~~」と嘆息…
みなさん、「どうでしょうバカ」のお仲間でありました(笑)
「残念でしたね~」「お疲れ様です~」などと挨拶を交わしたくらいにして…



あと、今月の予定といえば…♪♪♪
そこまで書いていると、かなり長くなるので、次の記事にでも~


というか、溜まったモノが多すぎて、
どこから手をつけたらいいのかわからんぞ!(苦笑)
また大荒れ…
3月9日の夜…
なぜか?すでに札幌にいます(苦笑)


8日の夜
ライブの興奮がなかなか醒めず、やっと眠りについたのが深夜1時。

9日の朝は、5時に起きて…
予定通り、7時10分、稚内発の特急で旭川へ…
(地元はローカル線なので、旭川で普通列車に乗り換える・苦笑)

8時20分頃、次男からのメールに気づいた

なんでも…
 稚内からのJRはちゃんと出発できた?
 札幌あたりの天気がまた大荒れで、10日はさらにひどくなる予報
 すでに地元から札幌に向かう交通機関は運休している
 9日の午後から深夜だけは、天気が回復するようなので、
 今日のうちに札幌に行っておいた方がいいと思う
 そのようにこちらでは準備しておくから、検討してみて


ええ~~~っ!?

稚内は8日の晩から雪で、朝方、歩道に雪が積もって歩きにくかったが、
天気はそれほど悪くなかった。
それに、TVなんて1度もつけなかったから、天気予報も見てない…

慌ててメールを返そうとしたものの…しょっちゅう圏外になるし(苦笑)
やっと返信できたのは、30分後であった

乗っていた特急は、順調に運行し、天気も悪くない。
途中の駅で、札幌から稚内に向かう特急とすれ違うために停車して待つのだが、
その時に、札幌からの列車が遅れてるので、
待ち時間が伸びるというアナウンスがあった。

結局、旭川到着は10分ほど遅れたが、
地元に向かう普通列車は、さらに30分後の発車だったので、
予定通り、12時40分、地元に到着。
地元は、とってもいい天気だった…

家に着くと、次男夫婦がすでに来ていて、娘と一緒に昼食を終えたところであった。
とりあえず、家にあるモノを食べて、急いで交通機関の情報を調べる。

JRは…旭川発札幌行きの特急は、20時まで全区間運休
まだ記事をUPしていないが、
2月下旬に娘の部屋に行こうとした時も、札幌近郊は大雪で、
ほとんどの交通機関に影響があった。
なかでも、旭川発の特急が、江別駅で6時間だったか8時間だったか立ち往生した。
それで、最初から出発しないという判断になったらしい。

都市間高速バスも運休中。
こちらは、美唄IC~岩見沢ICの間が、吹雪で通行止めになってるため。
2月の時も、線路より高速道路の復旧の方が早くて、
JRより高速バスの方が早く運行を再開した。

ちょこちょこ高速道路情報を見ていると、
14時過ぎに、通行止めが解除になった。
しばらくすると、バスが16時過ぎからの運行予定に~
札幌から娘の部屋の最寄駅方面に向かうJRも運休しているから、
今晩はどこに泊まろうか?
実は、10日の晩は、札幌駅近くのホテルに泊まることにして、予約していた。
(次男が予定外?に転職して、すでに地元の隣町に引っ越してきてるので・苦笑)
ホテルの空きを検索すると…10日に泊まるホテルが今日も空室があったのでネットで予約
お昼頃に見た時より、空室数が増えていて…
多分、天候のせいでキャンセルが出たんだろうな

バスは16時30分発から運行を再開して、
それに乗って、札幌に出てきました。
ホテルの方も、別々に予約したのを、2泊同じ部屋になるように調整してくれた。

今のところ、札幌駅周辺はまた雪が降っていないが、
遠くの方に見える空は、どんよりとしている…

このまま天候が悪化しないといいんだけど…
だって、ライブのために、
明日、札幌入りを予定してる人もいると思うから

北海道は3月とはいえ、まだまだ大雪・大荒れの可能性があるから怖い…
(それにしたって、今冬は多い気がするが…)

スキマのお2人&スタッフも…
もう札幌入りしてるよね?
ビックリした~
2日の晩、23時17分、地震があった。
震源地は北海道東部(十勝地方中部) M6.5 
釧路市・根室市・浦幌町で震度5強 十勝地方の広範囲で震度5弱

今日4日の朝刊によれば…
怪我をされた方も十数人いたようですが、いずれも軽傷だったそうだし、
揺れが大きかった5市町では停電もあったそうだが、3日未明には復旧したそうだ。


揺れ始めた時は、前の記事の大半を書き上げてて、
それを見直す前に、札幌に住む友人とチャットをしていたのだが、
慌てて2人ともネットから落ちて…

揺れてる?と思ったと同時に鳴り始めた、携帯の地震警報にもビックリした。
なにせ、私の携帯は家にいる時も、マナーモードだもんで…
(私はバイブにはしてるが、娘にいたっては常にサイレントのまま・爆)
突然 『ひゅんひゅんひゅん』 と聴いたこともない音が鳴り出して、
揺れよりも、携帯の音の方にビックリしたかもしれない(苦笑)
しかし、揺れ出してから警報が来ても…
かえって 『何事か!?』 と慌ててしまって、心臓に悪いわ~!

急いでTVを付けたところに、娘から電話があり…話しているうちに日付が替わってしまった
娘も、揺れと、普段は一切鳴らないのにいきなり鳴り始めた(苦笑)携帯に驚いて、
心細かったらしい。

地元の震度は3
両隣の町は震度4だったのだが、地盤の関係かいつも地元は震度が1つほど弱い

娘と次男が住む地域は震度3
長男の住む町は?…とニュースを見ていると…震度5弱~!?
長男のところは千歳や恵庭に近いあたりで、周りの市町村は震度3~4くらいなのに、
そこだけなんでそんなに震度が!?


そして…スキマのお2人がいたであろう?小美玉市も震度3だった。

北海道東部で起きた地震で、東北地方も揺れることはあるが、
東京や静岡の方まで震度3になっていて、どうしてそんな遠くまで?と思った。

その理由は、NHKのニュースによると…
「北海道の東部では、陸側のプレートの下に『太平洋プレート』と呼ばれる海側の岩盤が沈み込んでいて、
今回の地震の震源の深さは120キロと深いため、海側の岩盤の内部で起きたと考えられる。
深い場所で地震が起きると、岩盤に沿って揺れが遠くまで伝わるため、
北海道から関東甲信越、静岡県など広い範囲で強い揺れになったと考えられる。」 
だ、そうです。
また、震度4程度の余震の可能性もあるので、1週間ほどは注意するように…と


3日のお昼頃になって、長男から
「地震は大丈夫だった?」と電話がきた。
「こっちより、お前のところは大丈夫だったの?」と訊くと…
長男の住む町は、2つの町が合併してできた町なので、
太平洋側に近い方が震度5弱で、長男がいる千歳や恵庭に近い方は震度4だったらしい。
でも、ニュースでは震度5弱と言ってるし…と、
長男は、地震の後(2日の夜中)会社に行って、会社の様子が大丈夫か確認してきたそうだ。
そして、やはり長男も「携帯の警報の音に驚いた」と言ってた(苦笑)

で、夕方…
次男のところに車の任意保険のことで電話した時に、
「昨日の晩の地震、大丈夫だった?」と訊くと…
「え? 地震なんてあったの?」
爆睡していて気付かなかったそうです…(笑)
1月下旬のドタバタ
2月になっちゃいましたね~。
私の『お楽しみ』は来月なのだけど、近づいてくると緊張するというか…(笑)
だけど、それまでに片づけなくてはならないことが山積みなんだよなぁ。

今日は、最高気温が2.5℃(最低気温-12.1℃)で暖かい日でした。


さて、前の記事の続きです~。

20日に次男夫婦と娘が帰って行って、
翌日は病院に行って…これは以前「だるい~><」という記事にした。

で、娘のところへ行く前日の25日、
咳・痰が治まっていないので再び内科に行って、風邪薬の追加と、
21日に採血した時の結果(ヘモグロビン値7.2)から鉄剤が処方された。
(咳がまだ出ているので、今日も病院に行ってきたのだが…苦笑)


26日は、オホーツク海側と日本海側が大荒れとの天気予報だったが、
朝、次男と娘に電話して天気を訊くと、どちらも晴れ。
娘のところの駐車場は使えないだろう…と、次男の家の駐車場に車を預けて、
あとは地下鉄とJRで移動することにして、10時頃、車で出発。

芦別の道路がツルツルで、ABSが作動しまくりだった(苦笑)以外は、
割とスムーズに札幌に到着。
先に娘のところに荷物を置いてから次男の家に戻ろうと、娘の部屋に行くと…
20日に娘が帰った時に受けたショックとは別の意味で、驚いた。

駐車場の雪の山…なくなってるじゃないか!!!

意外に冬休みが短い?と思った娘の大学ではあるが(実際は休みの期間は学年ごとに違う)
娘の学年の授業は、1月21・22日で終了だった。
21日に除雪が入ったのだが、その時はいつも車が置いていないところは除雪しなかったそうで、
娘は、自分の背より高い雪の壁を前に、
「どうすればいいんだ? どうしたって無理!」と、泣きそうになったらしい。
で、22日に学校から帰ってから、娘は26日まで一歩も外に出なかった。
どうやらその間に、管理会社が除排雪したようで。
私に呼ばれて外に出てきた娘は、すっかりキレイになった駐車場にポカ~ン状態(爆)
私だって、あんなに車を置く場所に悩んだのは、何だったんだ?と思ったぞ。

荷物を娘の部屋に入れて、次男に連絡。
駐車場の問題はクリアしたので、無理に次男のところに行かなくても良くなったのだが、
翌日、次男が車を使いたい…ということで、娘と一緒に次男の家に行って1泊した。
次男のところの駐車場は雪がでこぼこになっていて…すっごく駐車しずらかった(苦笑)


27日は、ネットで見た中古車で気になる車がある…ということで、
その車を見せてもらいに、ディーラーへ。
試乗もさせてもらい…予算内に収まるし、条件もいい車なのだが…
唯一の難点?が…色がピンク(爆)
まあ淡いピンクだし…運転してる時は色なんて見えないし…(ええ~っ?)
ということで、次男はその車に決定。
皆が思ったことは…これでもう「どうしようか?」って言われずに済む…(爆)
用事も済んだので、夕方、娘の部屋に戻った。


28日の午前中は、皮膚科と婦人科の病院へ…
いつもは土日に行くのだが、予定していた2日・3日はテスト直前。
それで、学校が休みということで、少し早めだけど平日に行くことにしたのだ。

午後は、奨学金の継続申請手続き…今回のメインの用事(笑)
仕送り額やら収入・支出と、娘だけでは分からない部分もあり、
また、その用紙を見せられたのが地元に帰って来ていた19日の晩…
とりあえず用紙をコピーして、ある程度数字を書き込んで持って行った。
さらに、娘のところにある領収書を見ながら、公共料金なんかも計算して…。
あとは、PCから数字を打ち込めばいいだけなので、割とあっさり終了。
来年は何が必要か分かってるわけだから、
今から表計算でも何でも使って、準備しておいてくれ…娘(爆)

これで用事はすべて終わったので、29日に地元に帰っても良かったのだが、
娘がもう1日いて欲しいと言うので、30日に帰って来た。


娘の学年は授業はすべて終わっているが、進級テストが控えているので、
まだ、春休みには入っていない。
23日以降は…
来年度最上級生になる学年の進級テスト(娘にはまだ先の話だが、これが難しいらしい)
最上級生の卒業試験・大学の一般入試…と続くため、
2月4日からのテスト期間までは、娘の学年は学校に来ないよう言われているそうだ(苦笑)
まだ1年の娘だって『オール可』では進級できないシステムなので、
気を抜いてはいられないわけで…。


次は、テストが終わって春休みに入る時、迎えに行く予定なのだが…
追試なんてことにはならないように、頑張れ!(間違っても留年はしないで~!・祈)
1月中旬のドタバタ
26日から娘のところに行って、昨日30日、帰って来ました。
10時頃、娘の部屋を出発し、地元到着は午後3時頃。
天気もそこそこ良かったし(娘の住む街と札幌の手稲では少し雪が降ってたけど)、
札幌市内を横切り、冬道・遠回りということを考えれば、まあまあの時間かな?
途中、除排雪が追いついていないところでは、軽く渋滞するので、
札幌市内を横切るだけで、1時間半くらいかかっちゃったからな~。


で、26日からのドタバタは次の記事にすることにして、
今回は、16日からのドタバタ記事です。
忘れないうちにやっつけちゃわないとね…
物忘れが激しいお年頃ですから~(苦笑)

同時進行で『妄想解説の妄想』記事も、ちまちまと書いてるので、
そちらは後からまとめてUP予定(2月はけっこう公演が詰まってるから頑張らねば)



1月16日の晩から、またバタバタしておりました。
まず、17日から4連休だからと、16日の晩、娘が帰ってきたwww

娘の16日の午後からの授業は1科目だった。
その科目は、講義のあと確認テストがあり、テストが解けた者から帰っていいらしい。
娘はいつも、そのテストを早々に終わらせているそうだが、
はたして正解しているのかどうか?…ちと不安?…(苦笑)
今回も、テストは2番目に終わらせ、ダッシュで部屋に帰り、
大急ぎで駅に行ってJRで札幌駅に出て…予定より1本早い都市間高速バスに乗れたそうで、
7時半過ぎに家に到着。


翌日17日は、スキマのDAJ愛知公演の日。
その頃、私と娘は、演劇を見に行っておりました。
13.1.18 パンフ
倉本 總 作・演出
富良野GROUP公演 2013冬
「明日、悲別で」

閉山になった炭鉱町の人々のその後を描いた物語

「昨日、悲別で」というTVドラマが放映されたのが1984年だそうで、
倉本さんにとっては、「北の国から」よりも長い間、追い続けてるテーマのようで…

「悲別」の舞台を観るのは3回目。
前回は、「今日、悲別で」と「悲別」で、
大筋は同じなのだがセリフやちょっとした部分が、変わっていた。
本当は「悲別」で、決定版にするつもりだったらしいが、
2011年3月の大震災・原発事故を受けて、「明日、悲別で」になり設定がまた少し変わっていた。
  『これは、棄民たちのドラマである』
  『一つの象徴としての「悲別」という地名は、遠い縁のない地名ではなく、
   あなたの住む土地を指しているかもしれない』
  『あなた方のふるさとは気がつけば消滅し、あなたは棄民になっているかもしれない』
                          (パンフの作者の言葉 「まだ、悲別で」より抜粋)

富良野演劇工場で12日~26日までの、ロングラン公演。
その後、道内で3公演あって、2月4日からは道外で17ヶ所・21公演あるそうです。

演劇工場での富良野GROUPの公演は、いつも内職のオーナーからチケットをいただくのだけど、
どうしても都合がつかない場合は、誰か他の方に行ってもらえるよう戻すこともある。
このチケットは、公演の間の自分の都合がいい日に電話して予約する形になっていて、
今回も、観たいけれどいつなら行けるだろう?と思っていたところに、娘が帰って来た。
チケットは2枚。他の予定を考えると、今日しかないかも?…というわけで。
この日は公演後、事前に申し込んでいた人はバックステージを見られたらしいが、
申し込むのを忘れてて…残念だったな~

ここの劇場は、ステージが一番低いところにあり、ステージの奥行きが深い。
また、始まる前には非常口の灯りまで消してしまうので、
今ではあまり体験できない真っ暗闇を、わずかの間とはいえ体験できるのが気に入ってたりする。


18日の晩には次男夫婦がやってきた。
前の週も家探しで来ていたのだが、今回は、その後仮予約をした家を見せてもらうため。
田舎の不動産屋は、土曜日は午前中、日曜日は休みで、前の週には見られなかったのだ(苦笑)
この日、札幌近郊は雪がすごくて、都市間高速バスは運休になり、
JRで帰って来た(多少遅れたが、運休にならなくて良かった~)

で、19日に予定通り家を見せてもらい、仮契約を済ませた。
住むのは隣町で、一応町営住宅も申し込んでいたのだが、空く予定がまったくないようだし、
民間を探しても、小さい町ゆえ物件自体が少なくて…(苦笑)
とりあえず、住むところが決まって良かったよ~

昼食後はチーズ工房へ…
ここで、ジェラートを食べてきた。
13.1.19 しらかば
チーズ工房の窓から…
本来ならアイス工房という別の建物で販売してるのだが、
冬期間ということで、チーズ工房の土産物コーナーにアイスも置いてた(笑)


次男は中古車も探してるので、私のPCは占拠されてしまった
それだけならまだしも…
次男は、ちょっと優柔不断なところがあり、さらに家族巻き込み?タイプ(笑)
ネットで見る車ごとに、これもいいけどちょっと高い、こっちは色が…と、
自分ひとりで逡巡するだけでなく、それを全部まわりにいる家族にも話す。
訊いてるこっちは、「もうどれでも好きなのにすれば~!?」という気分になってくる(爆)


で、20日、次男夫婦と娘は、都市間高速バスで帰って行った。

17日・18日は、地元は最低気温が-20℃以下で、
最高気温も-10℃以下、雪はほとんど降らなかった。
しかし…娘の住んでる街は、雪がせっせと降り積もっていて…
自分の部屋がある建物にたどり着いた娘は、駐車場を見て愕然とした。
13.1.20 駐車場
ビックリした娘が写メで送ってきた画像
左奥に見える車の右奥が、1月5日に4人がかりで掘った場所
それ以来、娘は、次に私が行く時のために、毎日少しずつ雪かきをしていたのだが…
その努力も水の泡…
写ってる車だって、半分埋もれてるし~


この状態を、娘ひとりで何とかできるはずもなく、
26日に行くまでの間、バスで行くかJRにするか、
車で行った場合は、車をどこに置くか?と、散々悩むことになったのであった。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。