T’S FACTORY
好きなモノや、日々の出来事をのんびりと
プロフィール

tomototti

Author:tomototti
・北海道在住
・子ども3人
・ふら姉とも呼ばれています



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次男の再就活?
10月も下旬になり、日増しに寒くなってきています。
昨日25日は、北海道は今秋いちばんの冷え込みで、
初霜・初氷を観測した地域がかなりあった。
昨日の地元の最低気温は0.1℃、最高気温は11.0℃。
今日は気温が上がって、平年並みに戻ったらしく、
今朝の最低気温は6.8℃だった。


まだ引っ張っていた、今月中に入った予定。
以前UPした飛行機の記事は、義母に関する予定だったが、
今回は、次男に関するもの。


10月11日の晩、次男から電話がかかってきた。

次男は、地元近郊でのUターン就職を目指していて、
9月の連休も、旭川で一次試験を受けるために帰って来たのだった。


ネットでその就職試験があることを知った次男が、
試しに受けてみようと思ってた時は、一次試験まで2ヶ月もなかった。
職場によっては、専門学校卒は高卒扱いになり、年齢ではねられることもある。
それで、よ~く受験資格を読むと、その試験では、高卒ワクでの受験にはなるものの、
専門学校は卒業後3年までOKで年齢は問われないため、次男はギリギリ当て嵌まった。
エントリーの締切まであまり時間がなかったので、慌てて申し込んだのが7月末。
その後は仕事が忙しく、試験のための問題集に取り組めたのは、
一次試験前の1週間程度。


次男は、現在、某医療法人の施設で相談員の仕事をしていて、
福祉系の国家資格も、2つ取得している。
福祉専門の職場に再就職するのなら、年齢より持ってる資格や経験が重要視される。
しかし、地元近郊では相談員の空きがでないのか、なかなか募集が出ない。
今、職がないわけではないので、空きが出るまで待ってみようか?と思ってたら、
今回の試験があった。
高卒扱いでも今より基本給はいいみたいだし(苦笑)、
その職場の中にも、福祉関連の部署や施設があるし…


そんな状況だったから、まずは試験に慣れるため
あとは、力試し・運試し…といった感じで、ダメ元で受けたのだ。

高校時代の次男の成績は、真ん中よりちょっと下くらい?
赤点はかわしていたが、けして良い成績ではなかった。
しかも、高校を卒業してから、かなりの年数が経っている。
春から準備してきた、現役高校生の皆さんと比べれば、
作文等はともかく、一般教養?問題が最大のネックだろうと思われた(苦笑)。

なのになぜか、一次試験を通ってしまった。
(本人はともかく、私や娘は驚いた・爆)
一般問題は、マークシートだったというから、
よほどカンが冴えたのだろうか?(息子の実力だと思わない母・爆)

その二次試験にあたる面接の日程が決まり、
24日が面接なので、23日の晩に帰って来るという。

しかも、二次試験のためには、
履歴書・健康診断書・卒業した専門学校の成績証明書が必要である。
その提出締切は、19日。

中でも、成績証明書は、旭川にある学校に申請書を送り、
学校に申請書が届いてから、証明書が出来上がるまでに数日はかかるらしい。
それが次男のところに届いてから、また郵送…では間に合わない可能性もある。
学校に問い合わせると、申請書は代筆でも構わない…と言ってたという。
そこで急きょ、私が、専門学校のHPから印刷した申請書に記入し、
12日の午前中に、旭川まで行って出してきた。
出来上がるのは、16日の夕方。
郵送だったら、やっぱり、間に合わなかったかも…(苦笑)。

健康診断書は、遅い時間までやってる病院が近くにあり
12日の仕事終わりに行って、書いてもらったそうだ。
で、履歴書は本人が書くのだから、問題はないはず。
とりあえず、その2枚を早々に、我が家に送ってくれれば…と思っていた。

しかし、次男は、履歴書を書くのにかなり緊張したらしく、
何度も下書きを繰り返し、清書が書きあがったのは15日の夜。
「速達で送れば?」と言ったのだが、
心配性の次男は、「できれば速達だけじゃなくて書留にしたい」と言う。
しかも、近所の郵便局は時間外窓口がない。
18日までに届かないと、私は19日には娘のところに行ってしまう。
仕方なく、16日、日帰りで札幌まで取りに行くことに…

翌17日は、午前中に、また旭川に行って専門学校から成績証明書を受け取り、
まっすぐ面接を受けるところに行って、必要書類を提出してきた。

この提出の日程って、来春卒業見込みの人にとってはあまり問題ないのかもしれないが、
すでに就職して地元を離れている者にとっては、ちょっとキビシイかも…
私が自由に動けるからなんとかなったようなもんだ(苦笑)。

面接日も平日だったため、次男は慌てて有休を取った。
しかし、シフトが決まってから休みを取るには、理由が明確でなくてはならない。
休みを取る申請書に「就職の面接のため」と書くのはちょっとね~><
そこで次男は、直属の上司に相談した。
よく冗談で訊くように、親類を危篤にするわけにもいかないし、
本人やお嫁さんの体調不良では、後から診断書の提出を求められる可能性もある。
で、上司が「これなら?」と苦し紛れに考え出してくれた理由は
「母親が検査入院するので、その保証人になるため」………(苦笑)

そして、24日、無事?面接も終わった。
面接を受けたのは7人(大卒2人、高卒5人)。1人あたり30分程度だったそうだ。
面接終了後と25日で、会議をして内定者を決めるんだとか。
何人採用予定なのかは分からないし…(過去数年では2~4人だったらしい)
いったい、どうなるかな~~~?


次男の用事も、義母の用事も、
ひとつひとつならたいしたことないのだが、ほぼ同時進行?だったし、
他にも娘のところにも行ってたり、内職の制作もあったり、
なんだかすっごく忙しかった印象である。


いや…まだ、28・29日と、初飛行機に乗って、
義母と一緒に、義姉のところに行くのが残ってた~~~!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tsfactory.blog81.fc2.com/tb.php/306-740bd92d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。