T’S FACTORY
好きなモノや、日々の出来事をのんびりと
プロフィール

tomototti

Author:tomototti
・北海道在住
・子ども3人
・ふら姉とも呼ばれています



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから…もう!?
今日は息子達の誕生日です。
なんと!20歳になりました!!!
あれから、もう20年ですよ~!
生まれたのはほんのちょっと前のような気がするのに…(これはさすがに大袈裟か…笑)

06.11.27 誕生日ケーキ

これは昨日食べた、バースディケーキ。
牛乳びんに入ったとろとろのプリンで有名な、『ふらのデリス』のケーキで~す♪
(ふらのデリスは月・火曜日が定休日なので1日早くした)
間のクリームの中には半割りの苺…クリーム層がとっても厚いです。
そのクリームもそんなに甘くないんです~♪
次男がどうしてもと言うから、18cmのを買ってきました。
私が結局半分食べて、娘は1/3、次男は1/6がやっとでした。
だから15cmで十分だと言ったのに…。
ちなみに長男は札幌にいるので当たらなかった(苦笑)。
去年と同じく、部活の先輩がショートケーキをプレゼントしてくれているかと…。


息子達は二卵性の双子です。
笑っちゃう程、似てません(爆)。


この後は息子達が生まれた時の話なので、興味の無い方はスルーして下さいませ…。

息子達は33週で、帝王切開で生まれた早産未熟児です。
22週で出血して入院、その後24週で破水していると分かり、
結局私は、出産後も含め、3ヶ月間入院生活を送りました。
31週の時に出血し出産が近づいているかも…ということで、
産まれてから赤ん坊を未熟児センターのある病院に移動させるより、
産まれる前に行って準備してた方がいいと、救急車で転院。
それから10日間ほど、点滴でお腹の張りを抑え、
ベッドの上で寝たきり状態(食事もトイレも…涙)、
手術に備えていろいろな検査を受けました。

破水と言っても陣痛が始まってからの破水とは違い、
針の先ほどの小さい穴から少しずつ漏れる…『高位破水』と言われるモノです。
破水が始まると子宮口が開いてくることが多いのですが、
幸いそういうことがなかったため、助かったようです。
(娘の時は微弱陣痛で、子宮口がなかなか開かなくて苦しんだが…苦笑)
子宮口が予定より早く開いてきた場合、子宮口を縛ってそれ以上開かないようにして、
36週を超えるまでもたせるのですが、
破水していると感染の危険性があるので、出来ないと言われてたので。

二卵性なので、当然入っている袋は別々です。
破水しているのは、長男の方でした。

体重は2人合わせて3,160g。
長男は1,360gしかなく、生まれた時は「明日の朝までもたないかも」と、言われたそうです。
長男の袋にはほとんど羊水が残ってなくて、本来なら骨盤に押し付けられて、
奇形が出ていてもおかしくない状態でした。
が、次男の袋が異常に大きくなっていて、その袋が長男を包んでいたそうです。
一人だったらこんなに早く羊水がなくならなかったかもしれない…、
一卵性の双子だったら、2人とも危なかったかもしれない…、
もしかしたら…はいろいろありますが、
彼らの場合、結果的に二卵性の双子だったことが幸いしたようです。

私がそれを訊いたのは生まれて3日目。
産婦人科の病室からかなり離れた未熟児センターのある病棟に、
自力で歩いて行けるまで…と3日間会わせてもらえませんでした。

私は2週間で退院、その後母乳を搾っては凍らせて、汽車で1時間の病院に運びました。
大きかった方の次男はクリスマスに退院。
長男は予定日(1月12日)よりも後の、2月5日に退院しました。

その後も、未熟児だったことによる定期健診、
長男は奇形はなかったものの姿勢が固まっていたのでそれに対するリハビリ、などなど…。
長男は脳性まひも疑われてました。
この疑いは5,6ヶ月頃、寝返りをする前に気付いて、リハビリを施したことにより無くなりました。
療育センターの先生は、5ヶ月で初めて診た時の検査結果で、
「この子は一生歩けないかもしれない」と思ったそうですが、1歳1ヶ月で歩いてます。
この話は1歳半の時の検査後に訊かされました。
乳児の回復力は侮れないということで、5,6ヶ月の時点では言わなかったそうです。
これが1歳くらいまで気付かすにいたら、もっと回復は遅れていたかも…。
早期発見は大切なようです…。


ま、なんだかんだあった20年ですが、
今は普通に大学生と専門学校生をしています。

とりあえず、20歳おめでとう。
今後のことは、君らの努力次第…ということで~♪

この記事に対するコメント
おめでとうございます
双子クン、お誕生日おめでとう~
そしてお姉さんもおめでとうです。

そんなに小さく生まれた子を育てるのは大変だったでしょう?
双子を育てるということは色々不安もあったと思っていたけど、
なんか改めていきさつを聞いて、ジーンしてます。

双子クンたちの誕生日は「生まれてきてくれてありがとう」と同時に
母であるお姉さんも「いっぱい頑張ったね、ありがとう」の日です
威張ってケーキ食べて下さい

元気に二十歳という節目を迎えることが出来て、色んな意味で感慨深いですね


でもさすが「ふらのデリス」、フルーツがたっぷりで美味しそうだ・・・じゅる
【2006/11/28 00:43】 URL | たれぞ~ #- [ 編集]


双子君だったんですね~(年子かと思ってました~笑)
20歳おめでとうございます!
今年、成人式だったんですか?未熟児で、しかも双子だなんて…
本当に良く育ちました。お母さんの頑張りの勝利ですよね~。

お腹の中では次男君が長男君を圧迫していたようですが…
生まれ出でてからは、二人の関係は???やはり、お腹の中の頃と一緒なんでしょうか?
スタート時で体格の差があった様なので…勝手に想像してしまいました~(笑)

ケーキが実に美味しそう~
それを、半分食べれた富良姉さんに…脱帽です(ハハハ)
【2006/11/28 19:03】 URL | 満天 #- [ 編集]

たれぞ~さんへ
ありがとうございま~す♪

その時その時で、すっごく大変だと思っていたけれど、
これだけ大きくなって振り返ると、今はただ懐かしいな~と思えることが多いかも(笑)。


赤ちゃんの時のことで、今、思い出しても辛いのは長男のリハビリかな~。
本能的な手足の動きを引き出すために、順番に片側の手足を抑え込むんです。
これを1日に3セット。長男は抵抗して大泣きして、終わったら疲れ果てて寝ちゃうの。
こういうのって、いくら説明しても義母には理解してもらえなかったようで、
「こんな可哀相なことがよく出来る。鬼のような母さんだ!」とまで言われたことが…(涙)。
赤ちゃんのリハビリをしていたお母さんは、多かれ少なかれ周りから色々言われてたみたいで、
でも、やってる方だって泣かせたくて泣かせてるわけじゃないから…周りの理解と協力が必要ですね。
今は、あまり泣かせずにリハビリ出来るようになってたらいいんだけど…。


ある程度大きくなったら、双子ってたいてい何でも2人同時だから、
かえって年子の方が大変かも?…と思ったりしました。

目下の悩みは、学校の授業料に仕送り、
それと国民年金保険の学生免除を受けるかどうか…ですね~(笑)


>デリスのケーキ
生デコケーキはスポンジをチョコにしたり、苺サンドじゃなくてスポンジとクリームの段々など、
注文する時に数種類の中から選べるんです。
上のトッピングも今回はフルーツのみにしましたが、フルーツとシュークリームにすることも出来ます。
とっても美味しかったけど…みごとに腹肉になったようです(爆)。
【2006/11/28 20:23】 URL | tomototti #- [ 編集]

おめでとうございます。
あたし・・誕生日って・・・若い頃は、「イベント」感覚だったのだけども、
親になってみて・・・「1年無事に健康で過ごせました」みたいな気持ちが強くなりました。
本当にお誕生日おめでとうございます。

なんか・・・いろいろあったのですね。うん・・・。
ふら姉さんの記事を読んでいたら、
あたしも・・・振り返って、子供を産んだ時のこと、思い出して書きたくなってしまいました。
特に何があったわけでもないけれど・・・
やはり、大切な日ですものね。

ちなみに、猿一3525。猿二3948。しわしわの赤ちゃんって感じでなかったです。
【2006/11/28 20:46】 URL | ビバ! #- [ 編集]

満天さんへ
ありがとうございま~す♪

そうなんです、双子なんです。
でも、全然似ていないから、言われなくちゃ判んないかも(爆)。

札幌は数え年で成人式ですが、こっちは満年齢でなので年明けに成人式があります。

たいがいのことはぼんやりしている私ですが、子どものことに関してだけは譲らなかったので、
義母にはかなり気の強い嫁だと思われていたようです(苦笑)。
リハビリとかがあるとね、だた可哀相だ…じゃ済まない部分ってありますから。
義父が「親はあいつらなんだから」と、理解してくれてたので心強かったけど(笑)。


次男は圧迫してると同時に、袋が骨盤と長男の間に入ってクッションになってましたから、
守ってもいたんですよね。
力関係でいくと…どちらかと言うと直感的な長男に、ちょっと論理的な次男、
取っ組み合いのケンカはほとんどしたことないけど、口ゲンカは次男の勝ちですね(笑)。

体格は小学校に入るまでには、他の子に追いついてました。
身長は長男の方が数cm高いですが、体重は次男の方が15㎏ほど重いです(痩せとぽっちゃりなので・苦笑)。
男子にしたら身長は低い方なんだけど、父親よりはちょっと高くなりました。
せめて170cm欲しい~と言いつつもそこまで届かなかった…もう無理かな?


ケーキは、晩に食べると速攻肉になる~ということで、お昼に食べたんです。
スポンジはふわふわだし、スポンジよりクリームの層の方が厚い位だったんですが…。
ご飯よりも先にケーキを食べたので、私は昼ご飯が食べられませんでした(苦笑)。
しかも、晩もまだ苦しくて晩ご飯も抜きになってしまった…。
次男ももっと食べられると思っていたのに、意外に入らず自分でビックリしてましたね~。
【2006/11/28 21:14】 URL | tomototti #- [ 編集]

ビバ!さんへ
ありがとうございま~す♪

そうですよね、若い頃って誕生日は「イベント」なんですよね。
子どもにとってはプレゼントとケーキが楽しみな日(笑)。
でも、親にとってはビバ!さんがおっしゃる通りですよね。
「1年無事に健康に過ごしたお祝い」って、いいかも(笑)。
自分の誕生日もこれで祝おうかな?(爆)

何か変わったことがなくたって、無事にこの世に生まれてきてくれたってだけで、
誕生日って特別で大切な日ですよね。
子どもって自分が生まれた時のことって、訊きたがりませんか?
うちの子だけなのかな~?

猿一くんも猿二くんも、大きい赤ちゃんだったんですね(笑)。
ぷくぷくして可愛かったろうなぁ~♪
【2006/11/28 22:07】 URL | tomototti #- [ 編集]

おめでとうございます
息子さんって双子さんだったんですねー
20歳かぁ^^おめでとうございます♪
実はうちの家系も二卵性の双子家系なんですよー
私の母も二卵性の双子です
私のいとこたちがすでに2組の二卵性の双子を産んでるんです
不思議ですよねー

ふらのデリスにケーキなんてあるんですねー♪
スポンジがふんわりしていておいしそう( ̄¬ ̄) ジュル・・・
【2006/11/29 19:44】 URL | ミー #- [ 編集]

遅ればせながら
ムスコくんの体調が悪くて遅れを取ってしまったわ(笑)。

ツインズのお誕生日、おめでとうございました~♪

以前その後の大変だった話を伺ったことがあったけど、誕生前後もこれまた(しかも別のことで)大変だったとは…比較的最近出産を経験した私としては、怖さが身に染みます…(涙)。

私も数日間の絶食でさえ大変だったというのに、ふら姉さん、本当に頑張ったんですね!でもその見返り、というのもなんですが素敵な息子さん(達)に育ったんですもの、それが何よりふら姉さんへのご褒美!ですよね。

そしてそして、ツインズの時は帝王切開だったのに娘さんの時は自然分娩だったのね…これまたスゴイ(みんなにそう言われたっしょ?)。

まさに私の「人生の師匠」の名の通り、ここでもふら姉さんのスゴさを実感しました~。
ひとつ思ったのは、要所要所にある「あとから訊いた」です。なかなか出来ないことですよね、その先生方の対応。あとからじゃなく、その時に言われて傷ついたお母さんがどれだけ多いことか…。

私ももうすぐ断乳を向かえる予定です。これも…たいした事じゃないかも知れませんが、やはり周りの人達それぞれの思惑があり…もうなんだかねー(苦笑)。



ふら姉さん、18センチケーキの半分(しかも「買ってきたケーキ」!)を食べたなんてうらやましすぎる~♪♪♪
【2006/11/30 07:07】 URL | なごいく #- [ 編集]

ミーさんへ
ありがとうございま~す♪

おっ、ミーさんのお母様も双子なの~?
けっこう双子の家系ってありますよね。
私の知ってるところでは、一卵性の双子の家系があります。
お子さん、お孫さん、それにいとこや甥姪などで7組の一卵性双子がいるそうです。

実は、うちの義母も二卵性双子の片割れなんですよ~。
10人兄弟の5番目6番目だそうです。
でもあまりに似てないから、うちの旦那は就職して、
職場の人に言われるまで知らなかったそうです(それもどうかと思うが…爆)。

ふふふ、ケーキ美味しかったですよ~ん♪
ただ、食べ過ぎました…(苦笑)。
【2006/11/30 13:22】 URL | tomototti #- [ 編集]

なごいくさんへ
ありがとうございま~す♪

ムスコくんの調子はすっかり良くなりました~?


そうなの、娘は自然分娩だったの。
帝王切開って見た目の傷は縦なんだけど、子宮は横に切るのね(筋肉が横に走ってるからだそうです)。
でも、次男がビックリして上に上がっちゃったので、長男が出た後に縦にも切ってるの(つまり逆Tの字)。
しかもお腹を押されてね~。まさかお腹切った上に、押されるとは思わなかったわよ~。
どんだけ抵抗したんだか…おかげで出すのに時間がかかって、出てすぐ泣かなかったのは次男の方なの。
1度目で子宮を縦にも切ってる場合、2度目も帝王切開がほとんどらしいんだけど、
6年半、間が空いているから大丈夫だろう…ということで(笑)。
ただ、微弱陣痛でも陣痛促進剤は使えないから、様子を見て状況によっては切ります!ということでした~。
それ以前にね、1度目があまりに早く入院しちゃったもんで、
どの程度普通に過ごしてていいのか、ちょっと戸惑いましたわ~(笑)。


>「人生の師匠」?
なんかこそばゆいです~。私は、かなりゆる~く生きてますんで~(笑)。

産後に「歩いていけるまで」と制限つけて、すぐ会わせてくれなかったのも、
私の体力と気力が戻るまでってこともあったと思う(車椅子で連れてってくれって頼んでもダメだったから)。
旦那はその日の晩に、「ある程度覚悟しておいてくれ」って言われてたそうなので…。
私は、手術後保育器の中のピンク色を見たら(メガネがないからそう見えた・笑)、
すぐ全身麻酔に切り替えられたので、私が寝てる間に訊いてたみたいです。
5ヶ月の長男の異常に気付いてくれたのは転院する前の産婦人科の先生と、
毎月訪問してくれてた保健婦さん、どちらも大ベテランだったんですよ。
「ちょっと足が気になるから、専門の先生に一度診てもらったら?」って…。
療育センターの先生も、最初の検査の説明は…
「こうこうこういった状態ですが、乳児は回復力が想像以上にありますから、
早いうちにリハビリすれば良くなりますよ。頑張りましょう」だったのよね…。
そういった意味では、保健婦さんや病院の先生にすごく恵まれてます。ありがたいことですわ~。

私はどうやらさし乳タイプらしくって(吸われてから張ってくるんです)、
乳腺炎を経験したことがないんです。なので、大変さは想像するしかないのだけど、
なごいくさんが納得できるように断乳できるといいですよね。
息子達の時は長男が入院生活が長くて哺乳瓶からしか飲めなくなってて、
母乳も哺乳瓶で飲ませてたので、長男が疑問を持つ前に断乳しようと決めてたんです。
それで、2人ともストローやコップで飲めるように練習して、
満1歳の誕生日に止めました(正確には、断乳したのは次男だけ?)。


ケーキ、美味しかったですよ~♪
息子達は見た目で、大きいケーキ♪と思うらしいですが、
いざ食べるとなると、ショートケーキ1個分くらいで十分のようで…(苦笑)。
でも、半分は多すぎました…腹肉が…(涙)。
【2006/11/30 14:57】 URL | tomototti #- [ 編集]

もう20歳ですか~
オメデトウございます。

どうりで私も歳とるはずね…。
おばちゃんはもうすぐ○○歳だわよ。ふん。

「おばちゃんと結婚したいっ」って言って、
あの頃は、あんなに可愛かったのに…(遠い目)

子供らは、そんな小さいときの事って覚えてるんだろうか。
いや、覚えられててもおばちゃん困るけど(爆)


【2006/11/30 22:47】 URL | あっこ #- [ 編集]

あっこへ
ありがとうございま~す♪

あの赤ん坊がもう20歳なんだから、私らも歳を取るはずだわよ~(笑)。

>「おばちゃんと結婚したいっ」
家にいる次男に訊いてみたら「どっちが言ったの?覚えてないわ~」だそうです。
長男には訊いてないけど、たぶん忘れていると思われ…(笑)。

奴らは2,3歳の時のことを覚えているかと思えば、小学校高学年の時のことを忘れていたりしてますよ。
それは私も同じかもしれないが…(いや、次々と忘れることが最近多いかも?爆)。
【2006/12/01 20:00】 URL | tomototti #- [ 編集]

はじめまして~、けい^^
富良野のお姉さん、おじゃましま~す、けいですよ~^^

息子さん達の20歳お誕生日おめでとうございます♪
「ついこの間生まれたと思ってたのに・・・」←これは、私の口癖です(爆)
生まれた時の事って、ほんとつい昨日の事のよ~じゃありません?
でも、アルバムを見ると、娘は小さいし、恐ろしい事に私は若いんです!
私の場合、身体(笑)だけ年取って、頭はそのままのよ~です(ぐすん)

赤ちゃんの時のリハビリ
読んでて泣きそ~になったわ。辛かったでしょ、お姉さん・・・。我が子の為に必死だったでしょ。でも、いい先生や保健婦さんに巡り合えてほんと良かったですよね。
うちは、出産時は何事もなかったんだけど、1歳半検診で言葉の遅れが見つかって、しばらく保育園に通った経験があります。転勤で、知らない土地での子育てで、家に篭りがちだったせいもあり、言葉の成長がうまくいかなかったみたいです。「なんも毎朝通わなくたって、そのうち言葉なんて出てくるよ」って言われたっけなぁ。なんだか自分の悲しい記憶も蘇ってきちゃいました、長くなってしまってごめんなさい。

ケーキおいしそ~ですねぇ♪私も18㎝のホールケーキ、おもいっきし食べてみた~い

【2006/12/03 00:56】 URL | けい #- [ 編集]

結婚か(笑)
よく娘さんが「パパと結婚する!」というのは聞きますが、ふら姉さんトコは「おばちゃん」だったのね(笑)。うちのムスメ達は…「とーちゃんと結婚する」とは言いません(涙)。いや、そう言われても「かーちゃんのだからやらん」と一蹴ですが(笑)。

けいさんのお子さんと同じくうちのムスメその1も1歳半くらいから健診の度に言葉について色々言われました…でも私は「個人差じゃないの?」と思い続け(半分意地も張り)、結局「ことばの教室」へは行かずに過ごしました。保健婦さん達への反発があったからだと、今考えれば思いますね~(苦笑)。
でも3歳になって保育所へ入り(うちのご近所はみんなそうなの)メキメキと成長し、今じゃうるさいうるさい。その時のコトがあるから未だにムスメその2やムスコくんの健診の時に「保健婦さんに相談」なんて気にはなれませんね~。

だからふら姉さんのお話の中の保健婦さん達、うらやましいです。

信頼できるお医者さんや保健婦さんがいるっていうのは本当に頼もしいですよね。小児科なんて医者そのものが減ってるっていうし…困ったもんだ。


それにしても18センチホール、食いたいぞ!自分で作っても作っている間にだんなはちょこちょこ家にあがってくるからバレバレだしな。
【2006/12/03 06:37】 URL | なごいく #- [ 編集]

けいさんへ
ありがとうございま~す♪

地味にブログを始めておりました~。
のんびりゆる~くやっておりますので、お暇な時にはお立ち寄りくださいませ~♪(笑)

そうなの~、たとえ20年経っても、ついこの間のような気がするのよね(笑)。
でも、あんなにちっちゃかった息子達は(娘もだけど)、こんなに巨大になってるし、
母はすっかり年取っちゃって…(私も身体だけで頭の中身は…苦笑)。

早産未熟児は次男も同じだったわけで、こっちは身体の関節が柔らかすぎないか?というので、
やっぱり多少リハビリ受けてます。
ただ、内容はほとんど遊びのような感じ(ハンドリングと言ってた)でしたけど。
二卵性で状況が違うとはいえ、一緒にお腹にいたわけなので、
療育センターでは小児科・整形・言語とすべて一緒に受診してます。
間隔はどんどん空いていったけど、定期健診として中3まで療育センターに通院してました。
長男は足が内反足だったので、その矯正もあったの。
ひどい場合は器具を付けるんだけど、軽かったので靴の中敷での矯正で済んでましたが。

言葉って、双子の場合はなんとなく意思疎通が出来ちゃうので、遅れる場合が多いみたいですね。
息子達も「ことばの教室」に通ってました。
うちのは言葉が遅い…という以外に、言葉が増え始めた時の、2人だけで通じる造語(言い間違い?)とか、
長男の吃音(いわゆるどもり)なども問題だったようです。
でも、身体のリハビリも、言語の訓練も、家族や周りの協力って大事なのよね。
【2006/12/03 21:14】 URL | tomototti #- [ 編集]

なごいくさんへ
>結婚
うちも旦那が「お母さんは、お父さんのお嫁さんだ!」とよく言ってたからな~(笑)。


うちは療育センターからの流れで、幼稚園入園と同時に、地域の「ことばの教室」に通い出したんです。
その当時住んでた町では、新1年生全員、ことばの検査を受けるんですが、
幼稚園や小学校のお母さん方の中には、「ことばの教室=特学」というイメージを持つ人もいて、
あからさまにうちの子を見下すような態度を取るお母さんもいましたよ。


長男は主に吃音、次男は構音障害ということで通ってたんですが。
どもりはチック症状として以外に、言葉が急激に増えたために、気持ちに言葉が追いつかなくてなることもあるの。
そこで、本人にどもってると意識させちゃダメなんです。意識させるとよけい緊張してますますどもっちゃうから。
だから話す時は、こっちが相手の言ってることを繰り返して、
ちゃんと訊いてると安心させながらゆっくり話させる必要があるんです。
構音障害はたいがい「た行」と「さ行」が続いた時や、特定の行がうまく言えないというようなので、
「たぬき」は言えるけど「たすき」が「たしゅき」になる状態です。
こちらの方は、数ヶ月訓練すればちゃんと言えるようになって、ことばの教室終了という子が多いです。
ただ、次男に訓練してるのを長男に知られると、長男は自分の言葉に注目して吃音に気付く可能性があるので、
絶対長男の前では訓練できないのが、たいへんでした。

そして、先生と子どもの相性というのもやはりあるようですわ。
保健婦さんも、人によっては「?」っていう人もいますからね(苦笑)。
娘の時は、3人目で開き直ってたし、息子達の経験があるから、
気になることがあった場合は、息子が診察受けるついでに療育センターの先生に相談してましたわ~(笑)。
【2006/12/03 21:46】 URL | tomototti #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://tsfactory.blog81.fc2.com/tb.php/12-ee72d336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

誕生日と言えばケーキ

こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ誕生日ケーキについて情報交換しませんか? ケーキのレシピ ケーキの作り方【2006/12/07 21:38】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。