T’S FACTORY
好きなモノや、日々の出来事をのんびりと
プロフィール

tomototti

Author:tomototti
・北海道在住
・子ども3人
・ふら姉とも呼ばれています



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子はたいへん?
ところで、何歳まで「女の子」って、呼んでいいんだろ?(笑)

とにかく、「女の子」だけでなく、
いつの間にか「おばさん」になっちゃった、
「元・女の子」だって、いろんな意味でたいへんなのだ(爆)。


この数日、北海道内陸部の気温はとっても高く、27日から連続真夏日となりました。
(例年より5~6℃高めらしい)
家の中の温度も窓を開けてても30℃あったし…若干バテ気味です…
今日もまた真夏日(予想では32℃)になるらしい…まだ6月だっつ~の!!!

でも私は、今日・明日と娘の大学の学祭があるので、
昨晩から娘のところに来ていて(PC持参で来たので、こうして記事を書いていられる・笑)
こちらも予想最高気温は28℃と暑いものの、内陸部ほどではないみたい?
いや、それにしたって、暑いよ~~~!


前の記事のkayoboさんに会うのに先立って、
12日の午前中にまずは娘のところに行き、14日の夕方次男のところに移動した私。


12日、娘のところに行ったのは、娘の体調で気になることがあったから。

それまで割と順調だった生理が1月と3月はなくて、
4月に始まったら今度は1ヶ月以上出血が止まらなくなったのだ。
調べると、土日でもやってて思春期外来もある女医さんの婦人科が、
娘のところから近い札幌市内にあったので、連れて行った。

止まってたのは、やはり受験のストレスが原因のようで、
その止まってた間に溜まったモノを出すのに、今度は出血が長引いたらしい。
とりあえず、出血を止める注射を打って、
この後、順調になったらもう来なくていいし、
あまり生理不順が続くようなら今度はホルモンの検査をしましょう…
ということで、しばらく様子見の状態です。


私自身は、昔からず~っと生理不順で、止まるのはしょっちゅうだった。
それが結婚してから、1ヶ月以上出血が止まらなくなったことがあり、
その時、初めて婦人科に行き、
そこで排卵が全然ないことが分かったわけだ…(苦笑)。
生理が順調になったのは、40歳近くなってから。
でも、妊娠するのに、飲み薬で済んだとはいえ、
2回とも排卵誘発剤を使ったことを思うと……遅過ぎるってば!

ただ、順調なのはいいことかもしらんが、月経過多の私としては、
貧血も酷いので、そろそろなくなって欲しいと思っている。
(なのに、毎月きっちりやってくるんだな…これが)

3月に風邪を引き、病院に行った。
今まで、何度も貧血でかかっているため、
ついでというか、当然というか(苦笑)、血液検査もする。
1週間後、咳などの症状は治まっても、あまりにもだるいのと微熱が続くのと、 
血液検査の結果も訊かなくてはならないので、再び病院へ。
ヘモグロビン値4.6…
いままでの最低記録を作っちまった(汗)。
これ以外の赤血球・白血球や血清鉄等の数値も、ほとんど基準値以下だった。

だるさや頭痛、立ちくらみ、動悸・息切れ…
これらはよく貧血の症状に上げられる。
しかし、日頃からひきこもり?生活の私は、動悸・息切れがするほど動くことはあまりない(爆)。
だるさ・頭痛に関しては、確かに時々あるなぁ…とは思うが、
長らく貧血状態で暮らしているため、体が慣れてしまっていて(おいおいっ!)、
多少の数値の低さでは(多少ではない?)、立ちくらみも起こらない。
しかし、その他の症状、微熱が続くのも、むくみですらも、
すべて貧血のせいだったらしい…(苦笑)。

むくみに関しては、昨年の夏頃から、ちょっと足がむくんでるかなぁ?と思っていた。
それが、今年に入った頃から、だんだん酷くなってきて、
「これほどむくむのは、もしかしてどっか悪いのか?」と気にし始めてたのだ。
そこで…
「最近、足のむくみが酷いんですけど~」と言うと、
お医者さんは、「それも、貧血のせいだと思うよ」
それから、足ではなく私の顔をまじまじと見て、
「うん、やっぱりむくんでるね」と、診察中に3回も言った(爆)

いや、先生、1年ぶりくらいで病院に来てるんですけど~
そんな、はっきり分かるほど顔むくんでますか?
つ~か、3回も言わなくても…(爆爆)

その後、鉄剤の注射を2回して、
もちろん、現在も、病院で処方された鉄剤を服用しております~。

そして、むくみの方は、
鉄剤を飲み出して数週間ほどで、ほぼなくなったのだった。
スポンサーサイト
kayoboさん in 北海道
5月中旬、kayoboさんが社員旅行で北海道(札幌)にいらっしゃいました。


4月のある日、「社員旅行で行った時、会えないかな~?」というメールをいただいた。
その頃は特に予定もなく、娘も進学で家を離れ、仕事も時間の自由がきき、
なおかつ札幌にも泊まれる場所(次男の家・笑)がある私は、
「OK」のお返事をしたのだった。

ただ、kayoboさんは、北海道の大きさをイマイチ把握してなかったようで、
富良野から札幌まで3時間かかると知って驚いていたけど~

それからメールで、どういったところに行ってみたいか?などというやりとりをしたのだが…
なにせ、北海道は広い(面積だけで言えば、四国と九州を足したくらいある)。
自分の住んでるところの近くでさえ把握しきれてないのに、
札幌近郊で観光スポットは数々あれど、そこに案内できるかも心配。
(一応、私は札幌出身なのだが、離れて幾年月。記憶だって曖昧もいいとこだ)
車を出すのは全然問題ないが、私の車にはナビがついていないので道も不案内だし、
公共の乗り物を使うにも、場所によっては乗ってる時間より待ち時間の方が長かったりする。


で、そこで出した解決策は…
kayoboさんを、富良野に連行することにしたのだ(爆)

片道3時間、決して近くはない富良野
しかし、道は何度も通ってるから、ヘタに札幌近郊に出向くよりは迷う心配はない。
幸い、kayoboさんは「北の国から」のファンだそうで、
それなら、じっくり見たことはないが、主だった場所はある程度分かっている。
(地元の人間はいつでも見れると思うので、誰かを案内する機会でもないと通り過ぎるだけである・苦笑)
他のリクエストは、「北海道の自然が見たい」ということだったが、
それは、いつも通る道を車で往復するだけで、充分見られるだろう(笑)。


5月15日、朝7時半。
kayoboさんが宿泊しているホテルにお迎え~

初めてお会いするkayoboさん、すら~っとした美人で、素敵な方でした。
メールでは「関西のおばちゃん」と強調されておりましたが…
その「関西のおばちゃん」というのが、TVで見る「大阪のおばちゃん」のイメージしか思い浮かばない私
「やかましいでしょ」と言われても…おしゃべりを始めたらやかましいのは道産子も同じだと思われ…?

朝方とはいえ、この時間には通勤ラッシュが始まってるかも?などと、
札幌市内の道路の混みっぷりが予測できなかったので、地下鉄で移動。
次男の家に1度戻り、そこから車で富良野に向けて出発~!


8時過ぎに次男の家を出て、三笠を通り、途中『三段の滝』に寄ったりしながら、
3時間ちょっとかかって、11時過ぎに富良野着。

まずは、『北の国から資料館』へ
引っ越し前の家からは、徒歩5分というところにありながら、1度も入ったことがなかった(爆)。
ドラマのシーンの写真や、大道具・小道具・衣装などが展示されている。
しかし、私が撮った写真は…
12.5.15 資料館石の家
この『石の家』の他にも撮ってはいる、が…kayoboさんにも指摘されてしまったのだが
家の模型ばかりであった(爆)…いや、細かいとこまでよく作ってるなぁ…と思って
(ドラマの中の建物とゆ~より、造形物に対する興味だったりするんだな、これが…苦笑)

富良野小学校にある『北海道のへそ』を見てから、
昼食を食べに38号線沿いにあるイエロー・ブリック・ロードに。
ここは、富良野地方卸売市場の隣にあり、
我が家から徒歩5分で行ける(近場で間に合わせてるなぁ~・苦笑)。
私が食べたのは、オムライス(とはいえ、卵で包んでなくてオムレツが添えてある)
冷たいコーンスープとサラダもセットで…
12.5.15 昼食オムライス 12.5.15 昼食スープ 12.5.15 昼食サラダ

お腹がいっぱいになったところで、
「北の国から」に出てきた家々を見に麓郷へ~
「拾ってきた家ーやがて町」や「五郎の石の家」などを見てきたのだが…
私ときたら、ひとっつも写真を撮ってません(爆)。

次は中富良野町のファーム富田
12.5.15 ファーム富田ラベンダー
ラベンダーの時期にはまだ早かったものの、ここの温室では年中見ることができます。


次は富良野市内に戻り(富田ファームから富良野市市街地までは10キロないので案外近い)、
お土産等を見にフラノマルシェに行き、
もう4時も過ぎたということで、富良野を後にし、また三笠を通って札幌に戻ります~

晩ご飯は、回転寿司「花まる」南郷店(帰り道の途中にあるので)
次男の家からも近いということで、次男夫婦も誘っていただき一緒に食べました~。


翌日(5月16日)は、朝8時半に札幌駅で待ち合わせ。
まずは札幌場外市場に向かう。
ここは私も初めて行くところ。
美味しそうなモノがたくさんあったのだけど、持ち歩くことを考えたら冷蔵品は躊躇してしまう…
乾きモノを3品ほど買い、次男とばあちゃんへのお土産にした。

この日の昼食は、kayoboさんが札幌へ行くならここ!と勧められたという
すみれラーメン
12.5.16 すみれラーメン
札幌といえば味噌、こちらのはこってり系の味噌ラーメンでした~
(ちなみに旭川は醤油、函館は塩。室蘭にはカレーラーメンがあります)

この後、札幌駅に戻り…
札幌駅近くのデパ地下を見て回り、
大丸のほっぺタウンで、kayoboさんは、北海道ならではの甘納豆がのったお赤飯を購入(笑)。
kayoboさんは、新千歳空港に現地集合ということで、
できれば私も新千歳まで同行したかったのだけど(空港を私も見てみたかったんで)、
私の都合で、早々に札幌駅でお別れすることに…


次男の家ではこの日の晩も宿泊OKと言われてたんだけど、
義母から、翌日用事があるので、なるべくこの日のうちに帰ってきて~と朝方に連絡があり、
天候があまり良くなかったため、暗くなってからの運転が心配ということで…
(結局、翌日行ってみれば、そんなに慌てて帰らなくても良かったんじゃ?と思った…苦笑)
早めに札幌を出発できたおかげで、そんなに酷い雨にもぶつからず、
まだ明るいうちに富良野に到着できた。


さて、kayoboさんからいただいたお土産は~
12.5.16 kayoboさんお土産1 12.5.16 kayoboさんお土産2 12.5.16 kayoboさんお土産3
レトルトカレーは、以前、特産物交換をした時に送っていただいたのをリクエスト。
その他にもたくさんいただいちゃいました~。
リボンのかかった箱の中身は中央の写真。モンロワールのチョコと、ツマガリのクッキー。
どちらも、北海道には店舗がない品を…と、選んでくださいました。
そして右側の写真は、kayoboさんお手製のパウンドケーキ!!!
クルミが入っていて、とても美味し~!!!(写真がすでにちょっと食べた後だったりする・爆)
どれもこれも、美味しくいただきました。
しかも遠いところをわざわざ持ってきていただいて、どうもありがとうございました~!!! 

とても楽しい2日間でした~!!!
模様替え?
この数日、北海道では寒い日が続いてます
我が街も、朝の気温は10℃までも届かず、最高気温も20℃以下。
朝方は、ついストーブを点けてしまった。


予定では、GW後の5月中の話題に入るはずだったのですが~


画像を取り込んだ後の、縮小・保存がうまくいかなくて…
以前、PCの画像をUPした時と同じ様にしてるはずなのになぁ

どうも、この新しいPCくんは、
同じ作業をしてるはずなのに違う反応を見せたりして、戸惑うことがある。
それとも、適当にいじってるせいで、
私が、前の作業をちゃんと覚えてないってこと?(爆)

で、最悪消えてしまってもショックが少ない画像(苦笑)…ということで、
新しく撮った写真で記事を書いてみることにした。
結局、前と同じ手順で縮小・保存できたのだが、
そうなるまでに、何度同じコトを繰り返したことか…
もう、わけが分かりませんがな


引っ越しで娘の机と本棚がなくなった、茶の間の隣の部屋
その娘の机と、反対側の角に、
以前UPしたPCが乗っかってる机が置いてある。

我が家にはこの同じ机が3つあった。
息子達が中学に入学した時に、購入したのと同じ机を、
娘が中学に入学した時にも購入したのだ。
7年も経って同じモノが手に入るかな?とは、思ったが、
一応、旭川家具なので、もしかしたら?…と、
メーカーに問い合わせてもらったら、あった!

長男が進学で家を離れた時、入居した部屋に、前の住人が机を置いてったので、
長男はキャスター付きの引き出し部分だけ運んで、机本体は残して行った。
その机は、北側の部屋に置いて、内職等の材料を上に乗せていた。
画像のPCが乗っかってるのは次男の机。
次男は専門学校を卒業して、就職する時に家を離れたので、机は持って行かなかったわけで。
娘の机は、今回の引っ越しで持って行きましたね~。


で、タイトルの「模様替え?」ですが、
実際には、そんな大層なもんじゃないです(笑)。

来週、娘は1週間、実習(見学)で帰ってくる。
レポートなんかも書かなきゃならないんだろうなぁ…
それに、夏休み等、長期休みに帰って来る時も、机はあった方が…というわけで、
北側の部屋にあった長男の机を、娘の机があった場所に移動しただけ(爆)。
机の横の本棚があったところには、窓側に置いてあった洋服かけを移動。

そして、洋服かけがあった窓側は…
12.6.13 楽器
こんな風になりました。
この右側にある本棚にもたせ掛けていたキーボードに、スタンドを取り付けた。
ギターは、引っ越しの時に物置に突っ込んだのを、出してきた。
今は家に私1人だから、ケースから出したまんまでもいいかな。
その方がちょこちょこヒマをみて触れるし。
ギターケースの後ろのケースは、トロンボーンです。

1番新しいトロンボーンでさえ、購入してから…9年ほど経ってる。
キーボードは息子達が、幼稚園の頃買ったんだから…20年?
そりゃ、時々音が出ないキーがあるはずだわ(爆)
娘が新しいのを欲しがるのも無理はない(今なら同じ値段で、もっと高性能のが買えるし・苦笑)
ギターに至っては、私が高校時代に買ったモノ。
もう恐ろしくって、何年経ってるかだなんて考えられません(爆爆)

ギターは、15年ぶりくらいで弾いてみようと思って…
ネックが曲がったり、ボディにひびが入ったりしてなくて一安心
でも、弦を換えるにも、チューニングするにも、
あまりに久しぶりすぎて、おっかなびっくり
弦の交換は、思ったよりもスムーズにできたんだけど、
音叉を使ってチューニングしようとしてて、5弦を切っちまった。
そんなこともあろうかと、弦を2セット買ってきてて、良かった…
今は電子チューナーなんつ~便利なモノがあるそうなので、今度買って来ようかなぁ

後は…コードは多少は覚えていたんだけど
(記憶があやふやとゆ~か、忘れてるのもあるが、押さえ方の図を見ればなんとかなる?)
頭でわかってても、指が全然ついていけないってことが、問題だったりする(爆)。
以前は楽に押さえられたはずのコードでさえ、手や指がつりそうだもん…
押さえた!と思ったら、音がくぐもってるし…><
昔は手が大きい(指が長い)人がうらやましかったけど、やっぱり、今もうらやましいぞ!
(身長の割に手が小さいもんで…) 

あぁ~また、「F」を乗り越えなくっちゃならないんだな~!!!(爆爆)
入学式後のドタバタ
前の記事は入学式前までの出来事でしたが、
こちらの記事は入学式当日から、4月中の出来事をば…


娘の大学の入学式、4月5日。
会場は札幌市内の某ホテル。
大学と大学の最寄りのJR駅からスクールバスでの送迎もあったのだが、
早めに車で出て、札幌駅の北口駐車場に入れる(ホテルまでは地下鉄利用)。
昼食はお蕎麦を食べたのだが、娘、半分以上残してるし~
どうやら、かなり緊張していたようです(苦笑)。

午後からの受付に、間に合うようにホテルに到着。
入学式は、入学宣誓式ということで、
新入生全員が入学にあたっての宣誓書にサインして、ひとりひとり檀上で学長に手渡す。
その後、学生の方は学生証用の写真撮影とガイダンス。
その間、保護者は各クラス(5~6人)ごとに担任と懇談。

長男が通ってた大学と比べると…
学部が違うことが1番大きい理由なのだろうけど、
進級からしてけっこうシビアで、毎年20人前後が留年するらしく、
(今春の卒業生だと、入学時には240人だったのが卒業時には140人だとか…)
卒業にこぎつけるまでかなり厳しそう…。
娘はちゃんと、本来の年数で卒業できるのか!? (してもらわなきゃ困るぞ!!!)
ふと、不安がよぎる母であった…

6日、理系4科目の基礎学力テスト。
私大の合格が決まってから、高校でなんとなく?国立向けの講習を受ける以外は、
家でまったく勉強していなかった娘。
予想通りというか、いつも通りというか、素の実力?で挑んできました(爆)。
結果は…補習を受けることにもならず、なんとか半分より上に潜り込めたようで、一安心?
いや、これで安心していてはいけないのだ…
これからが大変なんだから~~~! ガンバレ! 娘!!!
(だけど、あまりプレッシャーをかけてもなぁ…と複雑な心境だったり…)

7日、食料品やこまごましたモノを買い物。
茹でたり刻んだりした野菜と、肉類を小分けにして、フリーザーに入れてきた。

8日、娘を置いて富良野に戻る。
家の前で娘と別れる時になり、思わずウルッときて涙が溢れそうになりながら出発。
しかし、ここで泣いていては運転に支障が出る!
これから4時間かけて帰らなきゃならないんだから!
と、涙を振り切って、テンションの上がる曲をガンガンかけて運転してきた。
家に着いたら、やっぱり寂しい~~~って思ったけど、なんとか泣かずにすみました。
(すでに次に行く日が決まっていたからとゆ~のもある…爆)


9日、午前中は大学での健康診断。
高校で同じクラスだった友達が1人、同じ大学に入ったのだが…
その友達は男子なので、一緒のところで健康診断を受けられるわけもなく (そりゃ、そうだわな)、
周りを見渡し、1人でいる子を見つけて声をかけ、早速、友達になったらしい。

午後からは札幌市内のホテルに1泊で、オリエンテーション。
各クラスごとにディスカッションやら何やら…をしたらしいが…
同じクラスの娘以外の5人が、おとなしいというか、反応がイマイチというか…
こういう時、場の重~い雰囲気に耐え切れず、つい頑張って発言してしまう娘。
担任からその場を仕切るように言われてしまい、若干慌てたそうだ。
しかし、あの雰囲気の中で、よくあそこまで無反応でいられるなぁ…
というのが娘の感想でした(苦笑)。

実は、長男や次男、そして私も、
場の空気を変えようと、無理にでも頑張ってしまう傾向がある。
要は小心者なのよね…(爆)。


この週は、ほとんどすべての授業がガイダンスで、
本格的に授業が始まったのは、翌週16日から。

19日には大学の斡旋で購入したPCがやってきた。
私が使ってるのよりは一回り小さいが、大学に持っていくことを考えると、
小さい分軽いし、充電しておいて使える時間もずっと長い。
大学内でのネット接続をメーカーの方の説明で済ませ、次は自宅でのネット接続。
すでに光回線がひかれている部屋なので、自力でやらなくてはならない。
必要な機器は、N〇TからPCが来る日に合わせて、19日までには届くことになっていた。
これを娘が自分で出来れば、私が行く必要はなくなるんじゃ?と思っていたのだが、
自力では繋がらなかった~ということで、21日の早朝、また娘のところへ向かう。

行ってみると…「あれ?接続に必要な機器がひとつ足りなくないか?」ということになり、
慌てて調べると…エントランスにある宅配ボックスに入ったままだった…
娘、機器が足りないことにすら、気づいてなかったらしい…(おいおいっ!・苦笑)
ま、なんとかPCを無線LANで接続し、プリンタの設定も済ませました。


この後、娘のところに行ったのがGWで、ふたつ前の記事の話題となります。
次の記事は、GW後の話題の予定です~
(何だかんだで、月に2回は娘のところに行ってるな、私…苦笑)
入学式前のドタバタ
もう1ヶ月以上…いや、2ヶ月も前の話題でございます(苦笑)。


娘の大学進学に伴い、引っ越しを控えていた3月下旬…。
4月5日の入学式を控え、4月1日入居ということで、
家からの家具類は1日、家電は2日に届けてもらうことに。

30日に『TEAM-NACS』公演『WARRIOR』初日のチケットを取っていた私。
しかし、娘の机等を30日に積み込みということになり、当然、私と娘は行かれず、
次男夫婦に行ってもらいましたがな…。
こんなこともあろうかと、チケットは2枚にしておいてよかった…。

で、31日に札幌に向かい、その日は次男のところに泊めてもらった。
次男は1日は休みだし、2日の月曜日も有休を取ってくれていたので、
1日の朝、不動産屋さんで鍵を受け取り、次男夫婦も一緒に娘の部屋へ~

予定通り、1日には家具類、2日には家電が届き、
その合間を縫って、ホームセンター等でTV台やプラスチック製の引き出しなどを購入。
娘の部屋は収納が大きく取ってあり、レンジを置く棚なども作り付けだったりと、
12畳ワンルームとはいえ、そこに置かれたモノは、ベッド、本棚1つ、机、TV台、テーブル、
そして付属のストーブくらいのもの。
(流し台・冷蔵庫まで収納スペース内に収まるので、扉を閉めるとすべて隠せる)
風呂場には乾燥機能もあるのだが、これは電気代がかかるだろうと、
出窓のところに洗濯物を干せるように突っ張りポールをし、軽めの小さくたためる物干しなんかも購入。

2日の夕方に次男夫婦を家まで送りとどけ、
3日の朝、私だけが、1度富良野に戻った。

当初、途中で富良野に戻る予定はまったくなかったのだが、
長男からの電話でその必要が出来てしまった…。
長男は4月の車検前に車を買い替える予定でいて、
できればローンは組みたくないし、だけど一括で支払うには貯金してた分では足りないからと、
「夏と冬のボーナスで返すから、貸してくれ~!」と、以前から言っていたのだが、
このタイミングで、「6日までに俺の口座に〇十万円振り込んで~!」ときたもんだ…。
長男には入学式や引っ越しの話はしてたものの、詳しい日程までは知らせてなかったから、
仕方ないっちゃ仕方ないのだが…それにしても…なぁ~
そばで電話を聞いていた娘は、それこそ「オレオレ詐欺かと思った」そうだ(爆)。
私だって、実の息子でちゃんと使用目的も分かっているのだが、
そういうことにして無視したくなったぞ(爆爆)。
あいにく、手持ちのカードの口座は主に公共料金等の普段使い用で、
ちょっとした買い物くらいなら問題ないが、〇十万円も余分には入っていない。
(授業料等、大きな金額を出す口座はあえてカードを作ってない私)
そんなこんなで、急きょ戻ることになったわけだ。

んで、3日の午前中には富良野に着き、長男の依頼通り振り込みを済ませ、
娘のところに帰るのは翌日にして、1人のんびりと~
しかし、いざ1人になってみると、
やはり変な感じとゆ~か、家が広く感じる。
茶の間はいつも通りだが、
隣の娘のいた部屋の机と小さめの本棚がひとつなくなったというだけで、
なんだか、がら~んとしている感じなのだ。
とはいえ、翌日にはまた出かけるわけで、天候が気になってたこともあり、
この段階ではそんなに寂しさを感じるほどではなかった(笑)。

翌日4日、吹雪だもん(爆)。
三笠のくねくね道は危険だろうと判断し、滝川まわりで娘のところに行くことに…
しかし、1番危険を感じたのは、まだ富良野市内であった(苦笑)。
ほんの一瞬であったが、「ホワイトアウト?」状態になったのだ。
いや~、びっくりしたぞ。
それからも、雪は通る道々降り続き、岩見沢あたりでやっと陽が射してきた時にはホッとした。
娘のところに着いて、晩にTVでニュースを見ていたら、
私が焦っていた頃、中富良野町でもホワイトアウトになり、観光バスが横転していたらしい…。


と、やっと入学式前日まで辿り着いたところなのだが…
思いの外長くなったので(苦笑)、続きは次の記事にします~~~(おいっ!)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。