T’S FACTORY
好きなモノや、日々の出来事をのんびりと
プロフィール

tomototti

Author:tomototti
・北海道在住
・子ども3人
・ふら姉とも呼ばれています



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



RSSフィード



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから…もう!?
今日は息子達の誕生日です。
なんと!20歳になりました!!!
あれから、もう20年ですよ~!
生まれたのはほんのちょっと前のような気がするのに…(これはさすがに大袈裟か…笑)

06.11.27 誕生日ケーキ

これは昨日食べた、バースディケーキ。
牛乳びんに入ったとろとろのプリンで有名な、『ふらのデリス』のケーキで~す♪
(ふらのデリスは月・火曜日が定休日なので1日早くした)
間のクリームの中には半割りの苺…クリーム層がとっても厚いです。
そのクリームもそんなに甘くないんです~♪
次男がどうしてもと言うから、18cmのを買ってきました。
私が結局半分食べて、娘は1/3、次男は1/6がやっとでした。
だから15cmで十分だと言ったのに…。
ちなみに長男は札幌にいるので当たらなかった(苦笑)。
去年と同じく、部活の先輩がショートケーキをプレゼントしてくれているかと…。


息子達は二卵性の双子です。
笑っちゃう程、似てません(爆)。


この後は息子達が生まれた時の話なので、興味の無い方はスルーして下さいませ…。

息子達は33週で、帝王切開で生まれた早産未熟児です。
22週で出血して入院、その後24週で破水していると分かり、
結局私は、出産後も含め、3ヶ月間入院生活を送りました。
31週の時に出血し出産が近づいているかも…ということで、
産まれてから赤ん坊を未熟児センターのある病院に移動させるより、
産まれる前に行って準備してた方がいいと、救急車で転院。
それから10日間ほど、点滴でお腹の張りを抑え、
ベッドの上で寝たきり状態(食事もトイレも…涙)、
手術に備えていろいろな検査を受けました。

破水と言っても陣痛が始まってからの破水とは違い、
針の先ほどの小さい穴から少しずつ漏れる…『高位破水』と言われるモノです。
破水が始まると子宮口が開いてくることが多いのですが、
幸いそういうことがなかったため、助かったようです。
(娘の時は微弱陣痛で、子宮口がなかなか開かなくて苦しんだが…苦笑)
子宮口が予定より早く開いてきた場合、子宮口を縛ってそれ以上開かないようにして、
36週を超えるまでもたせるのですが、
破水していると感染の危険性があるので、出来ないと言われてたので。

二卵性なので、当然入っている袋は別々です。
破水しているのは、長男の方でした。

体重は2人合わせて3,160g。
長男は1,360gしかなく、生まれた時は「明日の朝までもたないかも」と、言われたそうです。
長男の袋にはほとんど羊水が残ってなくて、本来なら骨盤に押し付けられて、
奇形が出ていてもおかしくない状態でした。
が、次男の袋が異常に大きくなっていて、その袋が長男を包んでいたそうです。
一人だったらこんなに早く羊水がなくならなかったかもしれない…、
一卵性の双子だったら、2人とも危なかったかもしれない…、
もしかしたら…はいろいろありますが、
彼らの場合、結果的に二卵性の双子だったことが幸いしたようです。

私がそれを訊いたのは生まれて3日目。
産婦人科の病室からかなり離れた未熟児センターのある病棟に、
自力で歩いて行けるまで…と3日間会わせてもらえませんでした。

私は2週間で退院、その後母乳を搾っては凍らせて、汽車で1時間の病院に運びました。
大きかった方の次男はクリスマスに退院。
長男は予定日(1月12日)よりも後の、2月5日に退院しました。

その後も、未熟児だったことによる定期健診、
長男は奇形はなかったものの姿勢が固まっていたのでそれに対するリハビリ、などなど…。
長男は脳性まひも疑われてました。
この疑いは5,6ヶ月頃、寝返りをする前に気付いて、リハビリを施したことにより無くなりました。
療育センターの先生は、5ヶ月で初めて診た時の検査結果で、
「この子は一生歩けないかもしれない」と思ったそうですが、1歳1ヶ月で歩いてます。
この話は1歳半の時の検査後に訊かされました。
乳児の回復力は侮れないということで、5,6ヶ月の時点では言わなかったそうです。
これが1歳くらいまで気付かすにいたら、もっと回復は遅れていたかも…。
早期発見は大切なようです…。


ま、なんだかんだあった20年ですが、
今は普通に大学生と専門学校生をしています。

とりあえず、20歳おめでとう。
今後のことは、君らの努力次第…ということで~♪
スポンサーサイト
デザイン画?イメージ画?
22日は大荒れの天気。
風と雨と雷と時々晴れ間…と慌ただしく変わり、午後からは雪になりました。
23日の朝には積もっていて、景色はすっかり冬です。
そして、今日24日、道路は見えてますが雪です。


私は普段、買い物や用事がない限り家にいます。
家では、趣味の作りモノを作っている他に、土産物作りの『内職』をしています。
現在、お正月商品の追い込みに入っているところです。


そんなこんなで普段、ほとんど引きこもりの生活を送っているので、ヘタをすると…
『起きて、内職して、寝た』
…という「のびたの日記ですか?」状態になってしまいます(爆)。
できれば、それは避けたい~と思ってはいますが…(苦笑)。
避けた結果、1週間放置してしまった…。


タイトルですが…、実際はそんな立派なモノじゃなくて、
羊毛でウリ坊や恐竜を作る前に描いた、落書きのようなモノです。

06.11.23 デザイン画

かなり見づらいかと思いますが、ま、しょせん落書きですから~。
ノートなどにちゃんと描けばいいのでしょうが、
気負ってしまうのか、かえって描けません。
むしろチラシの裏に何気に描いたものの方が、可愛かったりする(苦笑)。
しかし、それを保管するとなると…またゴミの山にしか見えないのね(爆)。



昨日はここ数年気に入っている番組が、N○Kでやってました。
昼間の放送だったのですが、この時間帯は北海道だけだと思います。
それは「高専ロボコン大会」…(反応に困ってる人が多々いそうだ…)
昨日は北海道大会をやってました。
これから年末にかけては全国の各地区大会(それぞれの地区では昼間かもしれませんが、
北海道では深夜の放送になると思う)、年明け頃には全国大会が放送されるはずです。

高専ロボコンは、それぞれの学校の学生さんが作ったロボットの障害物競走です。
トーナメント制で、制限時間は3分。
ゴール出来なかった場合は、ゴールに近い方が勝ち。

今年のテーマは『ふるさと自慢特急便』
学校がある各地域の特産品を模ったオブジェがロボットに乗ってます。
障害物は
①お堀越え…幅60㎝の溝を2箇所超える
②シーソーアタック…幅45cm長さ3mのシーソーを渡る
③スラローム…80cm間隔のポール5本をジグザグで進む
④縄跳び…3回飛ぶ(オブジェが固定できるのはこの時だけ)
⑤ゴール…台の上にオブジェを置く

この障害を手動ロボット(リモコンで動かす)と自動ロボットを駆使して、ゴールを目指すわけです。
北海道の高専は4校なので、それぞれA・Bチームの8チームの対戦。
そして全国大会に進んだのは
優勝した旭川高専A『セタ』オブジェはジンギスカン(鍋の中に羊)
審査員推薦の釧路高専A『韋駄天』オブジェは丹頂鶴  の2チーム。

ゴールしたチームは、残念ながらなかったです。
去年は他の地区だと、ゴール間際の接戦も結構見られたので、
北海道、もう少し頑張ってくれよ~!

ロボットを工夫して作るだけでも、大変なことなんだろうけどね。 


白くまの集団
今週から来週にかけて、中学では教育相談というのをやってます。
3年生は3者面談ですが、1・2年生は担任と生徒との2者面談。
改めて先生に相談…と言われても「いや、特に…」という子は、
世間話みたいな感じになるのかなぁ?

というわけで、この間は午前授業で給食を食べたら帰って来ます。
部活がある子は、4時に再登校。
娘は今日、部活が休みなので家でちょこっと楽器の練習をして、
のんびり本を読んで、その後昼寝をしていました。

でも、再来週の頭は期末テストでなかったかい?勉強の方は大丈夫?
昨日も風呂に入ってすぐ、8時には寝てたよね~?とちょっと不安な母。
ま、母が言わなくても、次男が自分の失敗を踏まえて?(爆)忠告しています(苦笑)。
そして、「モチベーションを上げるためだ!」とか言って、「○位だったら○円やる!」とまで。
どうやらヤツは、小中学校時代、成績が良いと何かを買ってもらえる友達が羨ましかったらしい。
だが、親は「自分のために勉強するんでしょう」と相手にしてなかったのだ。
でも、10円単位というあたりが笑える…。



先日ちらっと話に出た、クリスマスタペ~白くまバージョンです。

06.11.17 白くまツリータペ


色を白・金・銀に限って作りました。
サテン地だからテカってるな~。バックに濃い目の色の布を掛けとけばよかったかも…。
作ったのは虫のリースと同じ年なので、6年ほど前。

やはり10数年前の「サマンサ」という雑誌に、クマのクリスマスタペが出てたんです(全部のクマがクリスマス柄だった)。で、ちょっと気には止めていたんです。
これは、ホワイトクリスマスのイメージで…ということで白を基本にしました。

06.11.17 白くまツリーくま達


柄の布を使ってない分寂しいかと思い、クマには☆と雪の結晶の形に、ビーズを縫い付けました。
クマの間のベルの色も金と銀です。

06.11.17 白くまツリー土台


本にはなかったツリーの植木鉢部分の刺繍も金・銀で入れ、角にヒイラギを付けてます。
長さは63㎝・幅47㎝(この前の3角タペは40㎝×39cm)。


サテン地って…写真に写すのが難しいのね(いや、それに限ったわけじゃないけどさ…泣)。

ゆ~きやこんこ♪
初雪が12日に降りました。
昨日13日の朝は、車の上に3、4㎝程も積もっていた~!
中学からは、「今年の自転車通学終了」のお達し。
本格的に冬に向かっております。

ここの小学校は冬季間、朝6時の気温が-25℃以下の場合、1時間遅れになります。朝はN○Kの6:55頃の天気予報は見逃せません。
旦那が子どもの頃は(隣町に住んでた)、-30℃以下になると臨時休校になったそうです。
ま、すでに中学生になった娘には、関係のない話。
寒くても歩いて行くしかないね~(車で送って~と言われそうだ…)。


06.11.14 果物ブローチ


本日の納品。さくらんぼストラップに、果物ブローチ。
前回の納品の時に、苺やさくらんぼ等の果物系なんてどう?という話が出たので、作ってみました。

赤い果物なので、ブローチの土台はピンクにしてハート型。さくらんぼはゆらゆらさせると、土台が寂しいような気がして、レースを縫い付けました。ストラップは葉っぱを羊毛にすると千切れちゃうかな?と思い別珍のリボンにして。
ハート部分の色を変えたり、果物じゃなく花を付けてもいいかも…と、色々考えてます。


寒い~!
今日はとっても寒いです。午後から雨が降ってます。
新聞の天気予報の欄では、来週はマークが続いてます。

06.11.11クリスマス三角タペ


これを最初に作ったのはもう10年以上も前。
懸命に記憶が途切れがちの頭の中をひっくり返してみると、
まだ娘は影も形もなかった頃です(笑)。
確か、「サマンサ」という雑誌に出ていた、「ホビーラホビーレ」のレシピで作ったと思います。
最初に作ったのは三角を繋いだ糸がゆるんで、これは2代目。
同じモノを布を替えて5、6個作り、一つは妹のところにあります。
1年前、これがきっかけで、なごいくさんやたれぞ~さんと知り合ったのよね~。

06.11.11青虫リース


これは今現在、うちの玄関に掛かっている、「卵→蝶々のリース」。
6年位前に作りました。一応、オリジナルです。
葉っぱを沢山作るのも大変だったけど、一番苦労したのは「サナギ」。
いくつも作り直して、こんなもんでしょ…と本人納得している横で、
娘が一言、「焼き芋みたい」。……涙。

もう寒くなったので、明日はこのリースを仕舞って、
三角とは別のクリスマスタペを掛けようと思ってます。
その写真は、また後日…。

こんな感じです
今日やっとブローチ達を納品してきました。

06.11.9コーナー写真


こんな感じになってます。
ちなみに、緑のティラノくんと最初に作った地味めのトリケラくんは、
ブローチピンの種類が違うので、試作品ということで家に置いてあります。

06.11.9羊毛見本


これが、先日写真を撮り忘れた羊毛見本です。
左前の半割の苺が乗っているプチケーキは、ニードルを刺す針刺しです。

実は、今日も写真を撮り忘れ、後からまた行ってきたのでした…(ボケてるなぁ…泣)。


先日、娘が「リラックマの着ぐるみ作って~」と、とんでもないことを言ってきたので、速攻却下しました(爆)。
どうやって作るのよ~?…じゃなくて、そんなモノどうするんだ?
パジャマにでもするというのか?
しかも、「あ、それいいなぁ~」と乗ってくる次男!
面白いっちゃあ面白いけど(笑)、その他にも…直径1mのキングスライムとか、でかくてかさばるモノばかり、言ってくる。
直径5㎝位ならザクザクするからさ~(笑)、それで勘弁してくれ~。



チャララッチャッチャチャ~ン?
tomotottiは新しい技を覚えた。MPが1上がった…(笑)。

06.11.7毛糸ポーチ


大した事じゃございませんが、写真に文字を入れましたよ。
編地と布を組み合わせたポーチです。


ペイントで手書きの文字を入れられることは、分かってたんですがキレイな印刷文字(どう表現したらいいんだ?)はどうすれば入れられるんだ?と思ってたんです。
先日、ダ○ソーで300円の「デジカメ」の本にそれらしき内容が出てるのを見て購入。やっぱりそれ用のソフトが要るのかな~と…。

で、昨日ですよ。ペイントのところで、『マウスじゃうまく字は描けん!』と思いつつ、何気に「ヘルプ」を開いてつらつら眺めていたら…。やり方、出てんじゃん…(泣)。


でもこれ、以前の画像なんです。昨日納品したのは左上と右下の2つ(あとの2つは以前の企画展で売れました)。新しく写真撮るの忘れてたのよね。
ブローチのピンを縫い付けるのを後回しにして用意した、羊毛フェルト紹介の見本も写真撮るの忘れたし…。

ということで、HPが2下がった…レベルアップなし…(涙)。


今日はすごい雨が振りました。
雷も鳴る中、屋根を打つ尋常じゃない雨音に外を見てみると、5㎜程のアラレが混じっている。
「屋根に穴が開くんでないべか?」と心配になる程の音でした。

長期予報では今週末は、雪だるまマークが付いてました。
明日あたり、タイヤ交換しなくちゃね。



とりあえず…
昨日は、先日UPした写真の品々を納品をしてきました。
でも、まだ作ってる最中の物もあれば、用意してない物もあり…。
お尻に火…どころじゃございませんことよ…(泣)。

06.11.5ヘアピン類


ツリーのヘアピンとストラップは、もう置いてきました。
右側はまだ途中です。右上の丸いピンは赤いのも作ってる最中です。

06.11.5ブローチ類


こちらは、以前なごいくさんのブログにも紹介された恐竜ブローチと、
動物ブローチ。雪だるまはまんまですが、それ以外はちょっとクリスマス仕様にしてみました。
恐竜もリボンでおめかし♪…と一瞬思ったんですが、それもどうよ?と思いとどまりました(笑)。

恐竜は先々、ブローチではなく、立体にして作りたいと思ってます。
ま、作りたい物がいっぱいあり過ぎて、いったいいつになったら出来るんだ?というツッコミを自分で自分に入れつつ…(苦笑)。


話題は変わって…
金曜日から次男が友達と札幌に遊びに行ってました。
金曜の晩は長男のところに泊まり、土曜の晩は長男とは違う大学に行っている友達のところに泊まったそうです。

金曜日には「デスノート完結編」を見て、とっても面白かったとか。それ以上は詳しい話をまだ訊いていないので、後の楽しみのためにも内容は訊かない方がいいのかな?

06.11.5お土産


これはお土産の「六花亭」のアップルパイ。11月からの販売らしいよ~と買って来てくれました。お値段は4個入り400円。
甘すぎず酸っぱすぎず、美味しかったです~♪

他にもUFOキャッチャーで取ったという、40センチ位あるリラックマとコリラックマのぬいぐるみ。ゲームとぬいぐるみが好きなので、札幌に行くと必ず何かしら取って来る…(苦笑)。この調子で我家はぬいぐるみが増え続けているのでした。

初期の猫たち
06.11.2初期の猫

新しい画像を用意できなかったので、初期の猫たちでごまかしたりして…(汗)。

1番右端のキツネのような色をしたのが、羊毛フェルト第1作目の猫ちゃんです。右から左に2匹目、3匹目と続きます。


昨日は内職(土産物作りをしています)の納品に行ってきました。
そこは、夏は緑の木立の中、冬は雪の中に、ログハウス風のお店が並ぶなかなか素敵な所なので、写真を撮ってこようと思ってたんですが…。
この時期、紅葉も終わり葉っぱは散り…ログハウスは保護色のように、木の中に埋もれて何が何だか判らない状態でした…。雪が降ったら、また写真に挑戦したいと思います。
夜になるとライトアップされて、すっごく綺麗に見えるんですよ~。
(冬場は道路がツルツルになるから、暗くなってから行こうとは思わないけど…苦笑)



ちょいと早い X'mas+お正月
これは、今月ある「企画展」のテーマです。

10月に入る前から色々考え、作り始めてはいましたが、お尻に火が点きかけている状態です(すでに点いているかも・泣)。
作ってる途中に他のことを思いつき、作りかけのモノを置いといて、思いついたモノを作り始める…を繰り返した結果、完成品の数が少ない
始まってから追加納品することになりそうです…。

06.11.1猫&ウリ坊前


なごいくさんのブログで紹介してくれた写真にも出てましたが、
猫サンタとウリ坊などです。
ウリ坊は作っている最中に、子ども等に「モグラ?」と訊かれました(涙)。
鼻とシマ模様が付くとウリ坊に見えるでしょ?でしょ?イノシシは鼻が「命」ですわ~。

大きさは猫サンタが7㎝くらい。
この子は最初袋を持たせるつもりだったけど、(ちょっと楽して)プレゼントに変更しました。

06.11.1猫&ウリ坊後


今日は後姿の写真を忘れなかったぞ(笑)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。